日頃のメンテナンスで高額査定に

>

車の査定場所

洗車とワックスがけをする

車が好きな人は日課で行なっている人が多い、洗車とワックスがけですが、売ることを前提に行う人はあまり見かけません。
外装のメンテナンスを行うことで見た目が綺麗になるだけではなく、ワイパーや足回りなどの可動部の寿命を延ばし、使用感が減ります。
定期的に行うのは面倒だと思いますが、長い目で見ると良いことばかりなので実践してみましょう。

ワックスやコーティングの効果は見た目が良くなるだけではなく、塗装面のキズを防ぎサビの予防になります。
また、これらを行なっていない車は、印象が悪くなるだけではなくメンテナンスが行き届いていない車と判断され、査定額のマイナスに繋がるので注意しましょう。
洗車やワックスがけは自分でもできますが、面倒であればガソリンスタンドで行なってもらいましょう。

内装のクリーニング

車の査定は内装も見ますので、クリーニングは小まめに行いましょう。
特に、査定に影響するのは臭いです。
内装のタバコやペットの臭いは染み付いたらなかなか取れませんし、自分では気付かない場合があります。
これらの臭いを嫌う人も多いので、売ることを前提に考えているのであれば小まめに消臭しましょう。
面倒かもしれませんが消臭スプレーをかける癖をつけると、習慣的に取り入れることができますので、実践してみてください。

車は土足で入ることが多いので、泥や砂、石などが落ちていることがあります。
また、ホコリも溜まりやすいので掃除機で吸い取るようにしましょう。
特にホコリはダニの発生原因になりますので、小まめに掃除してください。