日頃のメンテナンスで高額査定に

>

キズが付いたらどんな対処を行えば良いか

キズが付いたときの対処

車を使用してキズが付いたことがある人は多いと思います。
小さいキズだからといって放置しないようにしましょう。
小さいキズから錆びてしまい、塗装が剥げてしまうことがあります。
ヘコミも同じで塗装を劣化させる原因になりますので、早めに修理するようにしてください。
塗装の劣化は査定に大きく影響しますので、早めに修理に出しましょう。

修理の仕方は自分でペイントをするか業者に出すことです。
ペイントは錆の広がりを防ぎますが技術を必要とします。
業者は直接工場に出すかディーラーに依頼するかのどちらかです。
直接工場に修理に出した方が安く済ませられます。
ディーラーは少々高く付きますが、色々と対応してくれますので、時間がない場合などに利用しましょう。

定期的な検査

車は必ず車検に出さなければなりませんが、それ以外に検査を行うと良いと思います。
悪い場所が見つかってから交換や修理を行うということは、他の部分も悪くなっている可能性があります。
車は悪い場所があると他の部分に負担がかかり、故障の原因になりますので定期的な検査を行うと良いでしょう。
その時に細かいキズやヘコミが見つかるかもしれませんので、メンテナンスの手間が省けます。

車の査定は見た目は勿論、可動部のメンテナンスも重要です。
可動部は素人では分からないので自分でメンテナンスをするなら知識が必要になります。
知識を身に付けるのには時間と手間がかかりますので、プロである整備士に診てもらうと良いでしょう。
メンテナンスで査定額が大きく変わりますので、面倒だと思いますが長い目で見ましょう。