日頃のメンテナンスで高額査定に

>

買取りに出すときの注意点

1社だけで決めてはいけない

車の買取は査定を行い見積もりを出してもらいます。
その見積もりを見て納得いくのであれば買取成立ですが、希望額に近いからといって1社の査定で決めないようにしましょう。
案外自分の思っていた金額より高く売れる車だったことも珍しくはなく、相場が分からないため1社だけで決めるのは良くありません。

適正価格かどうか、どの店が一番高く買ってくれるか比較しましょう。
そのためには数社に査定してもらうことです。
見積書を参考に数社に査定してもらうことを、相見積もり、と言い客の権利でもあります。
言い値で買い取られてしまうと損しかしないので、相見積もりは必ず行なってください。
店によっては、他の店の見積もりより高く買い取る、というところもあります。

大手でも泣き寝入りすることもある

大手の会社であれば信頼できる、と思う心理は皆あると思います。
しかし、色々な手を使って安く買い取ろうとする場合があります。
例えば、新たに車を買うのに古い車を仮の査定で100万円ついたのですが、車を買って本査定したところ60万円だった、ということです。
仮では買取契約になっていなく、本査定が実際の買取価格だということが言い分で、泣き寝入りすることになりました。
実際に似たようなケースがありましたので、完全に信用しないように気を付けましょう。

中古車の買取は店次第の査定なので、口コミの評価や担当者の対応など信頼できる店かどうか見極める必要があります。
このようなケースに遭わないように余裕を持って査定に出すようにしましょう。